OSARO-Co-Founders-Pros-to-Know-2021

OSAROの共同創業者がSupply & Demand Chain Executive誌で2021年の「Pros to Know 知るべきプロフェッショナル」に選出される

この賞は、サプライチェーンを活用して競争優位に立った功績を残した優れた経営者を表彰するものです。

サンフランシスコ(2021年4月22日)- OSARO共同創業者のデリック・プリドモア(CEO)とマイケル・カハネ(CTO)は、Supply & Demand Chain Executiveより2021年の「Pros to Know」として表彰されました。Supply & Demand Chain Executiveは、グローバルサプライチェーン全体をカバーする唯一の出版物で、毎年、サプライチェーンを活用して競争優位に立とうとする他のリーダーたちにロードマップを提供する業績を上げた優れた経営者を表彰しています。

「OSAROでは、2021年の重要な課題は、産業用オートメーションの進歩によってサプライチェーンの堅牢性を大幅に向上させることだと考えています。そのため、2021年の "Pros to Know "に選ばれたことを光栄に思います。自動化の進歩は顕著ですが、サプライチェーン業務の大半はまだ手作業です。OSAROの使命は、我々の知能、視覚、制御システムを用いて、ロボットシステムの性能を向上させ、製品をより効率的に動かすための新しい堅牢なインフラを作ることです」とCEOのデリック・プリドモアは述べています。

OSAROは、産業用ロボットに新しいレベルの視覚と技術を与える、包括的な機械学習ソフトウェアアーキテクチャと製品群を開発しました。ロボットによる自動化により、顧客やシステム統合パートナーは、物流や工場運営に新たなレベルの堅牢性と柔軟性を構築すると同時に、コスト削減を実現することができます。OSAROのパートナーには、IHI、川崎重工業、イノテック、Dematicが含まれます。2020年、OSAROとそのパートナーは、7カ国で30を超える導入を実現しました。

COVID-19の結果、多くの企業が再起に苦労する中、今年の「知るべきプロ」受賞者は、危機と必要性に迫られた時期に革新的なソリューションとプログラムを提供し、ステップアップを果たしました。これらの受賞者は、世界的なパンデミックの中で、協力し、最適化し、開発し、教育し、会社の存続と成功に重要な役割を果たしました」と、Supply & Demand Chain Executive and Food Logisticsの編集長であるマリーナ・メイヤーは述べています。"これらの個人とチームを表彰できることを光栄に思うとともに、我が国のサプライチェーンを維持するために時間、努力、革新を続けているサプライチェーン業界の皆様に最大限の感謝を捧げます。"

2021年のPros to Know受賞者の全リストは、http://sdcexec.com でご覧いただけます。

Supply & Demand Chain Executiveについて

Supply & Demand Chain Executiveは、トラック輸送、倉庫管理、梱包、調達、リスク管理、専門家育成などに焦点を当て、グローバルなサプライチェーン全体をカバーする唯一のサプライチェーン専門誌です。詳細は、www.SDCExec.com をご参照ください。

 

OSAROについて

OSAROは、物体認識のための高度な機械学習と強力な制御ソフトウェアを備えたソフトウェア定義のロボットを使用して、マテリアル・ハンドリング業界でロボティック・オートメーション・ソリューションを設計・展開しています。OSAROのロボットによるピースピッキング・ソリューションは、食料品、化粧品、eコマースの市場に向けて最適化されています。これらの市場での主な課題として、SKU※2が多い在庫、複雑な梱包、慎重な取り扱いが必要な壊れやすい品物などが挙げられます。OSAROのソリューションは、世界の第一級の小売企業やシステム・インテグレーター、3PL企業によってその有効性が認められています。

Press Kit

Download our press kit by clicking the button below:

 

Press Articles

View OSARO press articles by clicking the button below: